読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーの初期研修

お医者さん1年目の「みー」が,医学に関する知識や日々感じたことをまとめています.

引き出しを開ける時

看護師さんがみーの足元にある引き出しを開けようとしました. 引き出しを開ける前に「すみません」と言ったので,みーは「どうぞ」と場所を譲りました. 別の看護師さんがみーの足元にある引き出しを開けようとしました. 引き出しを開けながら「すみません…

仕事納め

本日12/28は仕事納めだった.明日からは休みだ.素晴らしい. しかし,明日は当直があり,本日入院になった患者さんは発熱している. どうやら,医者には休みがないようだ.明日も,頑張ろう.

夢の中で寝た

当直で病院のベッドで寝ていた時の話です.患者さんが来てPSHで呼ばれたのに,起きられずにそのまま寝てしまいました. もう一度患者さんが来て呼ばれました.今度は起きられました.さっき起きられなかったのは何時のことだったんだろうとPSHの着信記録を見…

医学生のうちに学ぶべきこと 研修医になってから学ぶべきこと

みーは効率至上主義な性格なので,勉強をする上で「この勉強は今する必要があるのか」ということが気になります.医学生のうちに学ぶべきことと,研修医になってから学ぶべきことを,コストパフォーマンスの面から考察してみます. 診断学は研修医になってか…

治療法がない慢性疾患の外来診察の難しさ

とある日に,筋ジストロフィーの患者さんが過換気症候群になり来院しました. 筋ジストロフィーは徐々に筋力が低下する疾患で,根本的な治療法がなく,次第に歩行困難となり,重症ならば呼吸不全や心不全で死亡します.そのため,専門の病院で診察を受けても…

患者は見ている

救急外来に,治療困難な段階まで進行した肝細胞癌の患者さんが救急車で来院しました.数日前から腹痛と呼吸苦が急に出現したそうです.精査した結果,肝細胞癌破裂による腹腔内出血*1を認めました. 肝細胞癌破裂は肝細胞癌の死亡原因の1つで,動脈塞栓術に…

薬は毒,毒は薬

インスリン製剤の量は「単位」で表します.現在市販されているインスリン製剤は,100 単位/mL に統一されているため,作用と体積が比例するために直感的です.しかしながらインスリンが発見された1920年代当時は,インスリンの生成技術が未発達で,同じ質量…

入院の個室と総室

病室には大きく分けて個室と総室があります. 個室は1部屋に1人の病室のことで,総室は1部屋に4人程度の病室のことです. 総室を希望する患者さんもいれば,個室を希望する患者さんもいるので,双方の意見をまとめてみました. 総室派 隣に人がいれば,病気…

患者さんから謝礼を渡されたけど丁重にお断りした話

先日,みーが担当していた患者さんが元気になって退院しました. 退院直前に患者さんと話をしていた時のことです.その患者さんは無言でみーの白衣のポケットに封筒を入れました. 中身は確認していませんが,形から推察するに金銭的何かでした.病院の規約…

心揺さぶる声

先日,多発性骨髄腫の患者さんが入院し,みーが担当になりました. その患者さんは,数年間原因不明の痛みに悩まされていました.最近になってやっと多発性骨髄腫による骨病変が痛みの原因だったのだと診断され,手術を行い,先日抗癌剤治療を開始しました.…

理由になってそうでなっていない説明

矛盾する説明はしばしば存在します. 例えば,「二度あることは三度ある」と「三度目の正直」は激しく矛盾しています.2回やってダメで,3回目もダメならば,「二度あることは三度ある」と説明し,3回目にうまくいったら,「三度目の正直」と言うわけです.…