読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーの初期研修

お医者さん1年目の「みー」が,医学に関する知識や日々感じたことをまとめています.

PPIは食前に服用した方がよいのか?

プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用タイミングを考察してみます.ランソプラゾールを取り上げます.

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison 症候群の場合
通常、成人にはランソプラゾールとして1回30mgを1日1回経口投与する。*1

1日1回飲めばいつでもよいようです.しかし,服用タイミングは食後よりも食前がよいという意見もあります.

食後に投与すると,血中濃度が絶食下投与と比較して大きく低下する *2

f:id:atsuhiro-me:20170510224622j:plain:w360

投与後24時間で濃度はほぼ0になっています.1日1回の内服では,全く効いていない期間があるような気がします.しかし,24時間胃内pHモニタリングの結果を見ると,1日1回の内服でpH>3がほとんどの時間で達成できるようです.

f:id:atsuhiro-me:20170510225237j:plain:w360

このデータからは,1日1回内服すれば十分だと思われます.血中濃度はあまり重要ではないのかもしれません.

図は,タケプロン インタビューフォームより引用.

*1:タケプロン インタビューフォームより

*2:PPIの効果的な服用時間|Web医事新報|日本医事新報社