みーは血液内科医

血液内科医の「みー」が,医学に関する知識や日々感じたことをまとめています.このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

超速!心エコー術

先日,認知症の患者さんが大動脈解離を発症したため,循環器内科の先生にコンサルテーションしました. 患者さんはせん妄のため,ちょっとでも触ると激しく抵抗する状態でした. その先生はエコープローベを患者さんの胸に3秒ほど当てました.3秒間で記録さ…

医者とエンジニアの攻防

みーが初期研修医として働いていた時に,いくつかの病院に務める機会がありました. A病院の電子カルテは,A病院で作られたソフトウェアでした.A病院の昔の院長がパソコン好きで,世の中に電子カルテがほとんど普及していなかった頃から,電子カルテを自病…

誰だっけ?

主治医のA先生に,患者のBさんのことについて相談したときの話です. みー:「Bさんの治療方針ですが,標的病変への放射線照射は周囲の臓器障害を考慮すると困難なので,化学療法を6クール実施するのがよいと思いますがいかがでしょうか.」 A先生:「はい.…

時間になりました

とある日の朝,「14時にみーが患者さんに薬を投与するので,声をかけてください」と看護師にお願いをしました. そして,14:00になりました. 看護師:「14時になったので,薬の投与をお願いします.」 みー:「薬が来たんですね.分かりました,行きます.…

透析患者の外来予約

月水金に維持透析をしている患者さんが,別の病院の受診を希望したので,紹介状に「月水金に維持透析をしています」と付記して外来予約を手配したところ,「再来週の月曜日の9:30に外来予約しました」と返事が来ました. こんなに気が利かない病院を受診しな…

症例報告・レポートの効率的な作り方「症例集め」

症例報告を作成する上で重要なことは,「良い症例を選ぶ」ことです. 良い症例とは 抗生剤関連下痢症を例に考えてみましょう. 症例1 60歳,男性.多発性骨髄腫に対して化学療法中.発熱と低酸素血症のため受診した.胸部X線検査で浸潤影があり,肺炎と診断…

症例報告・レポートの効率的な作り方「チェックリスト」

レポートを指導医に提出する前に,自分である程度のチェックができれば評価が上がります.レポートの書式の流派は複数存在しますが,長いものには巻かれろの精神で,日本内科学会の書式に従うのが無難だと思います. 新内科専門医制度の導入に伴って,資料が…